建売住宅と注文住宅!どっちがいい?

コストの面で考えてみる

新築一戸建てを考えた場合、まず悩むのは注文住宅にするか建売住宅にするかですよね。この2つの住宅、いったいどんな違いがあるのでしょうか?
注文住宅というのは、まず土地を購入して、そこにオーダーメイドの家を建てるというものです。もしも土地を所有していない場合は先に土地を探すことになります。対して建売住宅は土地と建物をセットで購入する事になるので、土地を探すというよりは何処の物件を買うかという事になります。
コストについてはどうでしょう?注文住宅の場合、どうしてもいろんな部分をこだわってしまう事が多く、付帯工事費などが必要になる事もあり、その分コストも高くなってしまいます。逆に建売住宅の場合は一度に多くの住宅を分譲販売する事が多く、その為部材を規格化する事でコストを抑える事が可能です。
こう考えるとコストの面で考えるなら建売住宅の方にメリットがある様に思います。

それぞれにメリットがあります

注文住宅の場合は、ある程度の法的な制約はありますが、それさえ守られていれば自分の思い通りの間取りを選ぶ事が出来ます。自分のライフスタイルに合わせた設計が出来るというのは大きなメリットですね。逆に建売住宅の場合は、すでに完成している建物に入居する訳ですから、それに合わせるしかありません。ただし建売の場合は実際に出来上がっている現物を見てから購入出来ますが、注文住宅の場合はあくまでも図面上でのイメージになるので、実際に完成したらイメージと違ったという事もある様です。
他にも入居までの期間や資産価値等、いろいろ比較する部分はあると思いますが、それぞれメリットやデメリットがある様に思います。購入する際はまず方向性をはっきり決めた上で検討する必要があると思います。

家を購入する場合、通常建てる必要がありますが、建売住宅の場合は既に建っているのでできあがるまで待つ必要もなく、自ら土地を探す必要もない点が魅力です。